■ 買取サービス規約への同意

株式会社テイツー(以下「弊社」といいます) は、その運営するサイト「古本市場オンライン」における買取サービス(以下「本サービス」といいます) に関する利用規約(以下「本規約」といいます) を以下のとおり定めます。本サービスを利用される方は、本規約に同意いただいたことになりますので、ご利用に際しては本規約を十分にお読み下さい。
また弊社サービス利用規約も設けておりますので、併せてご覧ください。

第1条 定義

本規約において使用する用語を次の各号のとおり定めます
1.「利用者」とは、本サービスを利用する方をいいます。
2.「品物」とは、利用者が本サービスを利用して弊社に買取の申込を行う対象物である本、CD、DVD、ゲームソフトその他の物品をいいます。
3.「買取」とは、利用者が、弊社に対してインターネットを利用して品物の買取申込を行い、弊社が利用者に対し、弊社所定の買取計算基準に基づき計算した当該品物の対価を支払うサービスをいいます。
4.「買取申込書」とは、利用者が本サービスを利用して弊社に買取の申込を行う際に、個人情報を含む情報を記載・記入する申込画面もしくは申込書面をいいます。

第2条 本規約の適用

1. 本規約は、利用者すべてに適用されるものとします。
2. 弊社は、利用者から事前の承諾を得ることなく、本規約を変更することができるものとします。この場合、本サービスの利用条件については、変更後の規約が適用されるものとします。

第3条 品物の種類

1. 品物の種類については、本サイトに掲載している「買取対象品一覧」に定めております。
2. 前項にかかわらず、「買取対象品一覧」に含まれる品物であっても、弊社の都合により、お断りする場合があります。

第4条 品物の買取申込

1. 利用者は、本サイトを通じて買取申込に必要な情報を弊社に送信し、もしくは弊社物流センターに品物を送付することにより、品物の買取を申し込むものとします。
2. 利用者は、前項により品物を送付する際、署名等が記載された買取申込書を添付するものとします。

第5条 利用者による品物の送付

1. 利用者が弊社に対して品物を発送する際の配送料金は、品物の送付が第14条に抵触しない限りにおいて、弊社が負担します。
2. 前項の配送方法は、弊社が指定する配送業者および配送方法とします。
3. 品物の引取時間の変更、到着時間の確認等、品物の配送に関わる事項につきましては、当該の配送業者にお問い合わせください。

第6条 品物の査定

1. 弊社は、利用者から送付を受けた品物を、 弊社が査定の為にダンボール等の梱包を開封した時点での弊社所定の買取査定基準(以下「査定基準」といいます)に従って、値段のつく品物と値段のつかない品物とに選別し、かつ、値段のつく品物についてその買取価格を算出することにより、品物の査定を行います。
2. 査定基準は利用者への予告なく変更する場合があります。
3. 弊社は、査定の際、古物営業法または所轄公安委員会もしくは所轄警察署の指導等に基づき、利用者に品物に関しての質問をする場合があります。
4. 利用者が買取申込を行った品物の査定結果等の情報について開示請求した場合は、弊社は、当該利用者に対し、「値段のついた品物の種類(本、ゲーム等)毎の点数および合計金額」、
「値段のついた品物の総点数及び総合計金額」および「値段のつかなかった品物の点数」についてのみ開示するものとします。

第7条 値段のつく品物の売買契約の成立

1. 弊社がサイト内設置のお客様ページおよび、利用者から送付された買取申込書に記載されているメールアドレス宛に査定結果として買取価格の通知を行い、利用者がその通知に対して買取価格の承認の意思表示を行い、弊社がそれを確認した時点で、あるいは利用者が査定結果に拘わらず承認の意思表示を予め行っていることを弊社が確認し、査定結果の通知を行った時点で、当該品物の売買契約が成立するものとします。
2. 前項により、弊社が利用者に対して査定結果を通知したにもかかわらず、送信した日から10日を経過しても利用者から承認もしくはしない旨の連絡、またはお申込頂いた品物についての問い合わせが弊社に対してなされない場合は、利用者が査定結果を承認したものとして取り扱い、上記期間が経過した時点で売買契約が成立したものとみなします。
3. 買取申込書に不備がある場合、または本人確認書類による本人確認において、適切に本人の確認ができない場合は、その旨を買取申込書に記載されているメールアドレス宛に連絡します。その場合は、利用者の本人確認手続きが終了する時点までは、売買契約は成立しないものとします。
4. 第1項または第2項により売買契約が成立した場合、利用者による解約はできないものとします。この場合、お送りいただいた品物の返送はいたしません。
5. 弊社は、利用者から査定結果を承認しない旨のメールを受信するか、または利用者が弊社に対し査定結果を承認しない旨の意思表示を電話で行うことにより、売買契約が成立しないことが明らかになった場合には、当該買取申込にて送付頂いた品物を利用者に速やかに返送するものとします。この場合、返送に要する配送料金は利用者の負担とします。利用者が承認しない旨の意思表示をするのと同時に、査定にかかる品物の返送を希望しない場合、当該品物の所有権は弊社に移転し、弊社は当該品物を適切に処分します。

第8条 買取金の受取方法

1. 弊社は、品物の売買代金(以下「買取金」といいます)を、利用者が買取申込書において指定する方法にて支払います。支払い方法は、銀行振込、本サイトで利用できるポイントの付与、または弊社の指定する団体への寄付のいずれかとします。銀行振込の方法による場合、振込手数料は弊社の負担とします。
2. 前項の銀行振込は利用者本人名義の銀行口座にのみ行い、ポイントの付与は、利用者本人名義の会員IDにのみ行うものとします。
3. 買取金の支払いにあたり、利用者が買取申込書において指定した銀行口座に振込をしたにもかかわらず、名義相違等の理由により振込ができなかった場合、または会員IDの相違等の理由によりポイントを付与できなかった場合は、弊社から利用者に対して適切な方法にて問い合わせを行い、再度確認を行った上で振込、もしくはポイント付与手続きを行います。それでもなお、手続きができない場合は、弊社は買取金を現金書留にて送付することがあります。その場合の弊社ポイント割り増し付与等の特典は無効となります。また、これによっても転居等の理由により買取金が利用者に送付できなかった場合は、弊社の指定する団体に買取金を寄付するものとします。

第9条 値段のつく品物の所有権の移転

第7条により売買契約が成立した場合、値段のつく品物の所有権は、次の各号に揚げる場合に応じて、当該各号に定める時点に弊社に移転するものとします。
(1) 買取申込書の「買取金の受取方法」が「銀行振込」を指定している場合 → 弊社が買取金を利用者の指定する口座に振り込んだ時点
(2) 買取申込書の「買取金の受取方法」が「全額ポイント受取」を指定している場合 → 弊社から利用者本人の会員IDに本サ
トで利用できるポイントを付与した時点
(3) 買取申込書の「買取金の受取方法」が「寄付」を指定している場合 → 弊社の指定する団体へ利用者に代わって寄付金として買取金を支払った時点
 

第10条 値段のつかない品物の所有権移転および品物の返送等

利用者が送付した品物のうち、弊社にて買取価格がつかない品物については、買取申込書の「返送に関して」欄において「返送を希望する(返送料お客様負担)」に該当する項目を選択している場合は、弊社が品物を買取申込書に記載されている住所宛てに利用者の負担にて返送するものとします。「返送を希望しない」に該当する項目を選択している場合、またはいずれの項目にも選択がない場合は、当該品物の所有権は査定の終了時点で利用者から弊社に移転し、弊社にて適切に処分します。

第11条 本人確認

1. 利用者から送付された品物が本人の申込みであることを確認するため、古物営業法に定められた「取引相手の確認」として、弊社は利用者に対し本人確認を行います。(以下「本人確認」といいます)
2. 本人確認のため、弊社が指定する本人確認書類のいずれかを(氏名・住所および生年月日の記載があり、かつ、証明の期限が有効なものに限ります)弊社所定の方法により提出もしくは提示をしていただきます。その証明書と申し込み時の情報が完全に一致した場合、もしくはその他、古物営業法に則した適切な方法で本人確認が行えた場合に限り、利用者に対し買取金の支払いを行います。

第12条 年齢制限等

利用者が18歳未満の場合には、買取申込を行えないものとします。
本人確認等により、利用者が18歳未満であることが判明した場合、弊社はただちに買取の手続きを中止し、利用者の負担にて品物を返送することとします。

第13条 買取申込書類の不備、および本人確認ができない場合の措置

弊社は、利用者から送付された品物に買取申込書が添付されていない場合、買取申込書に必須事項記載項目の入力漏れ等による不備を確認した場合、11条により本人確認が適正に完了されていない場合は、買取申込書もしくは宅配便の送り状に記載の住所・氏名・電話番号・メールアドレス等の情報により、弊社は利用者に、メール・電話・郵送による手紙等で連絡を行います。いずれの方法によっても利用者と連絡が取れないもしくは、不備等が解消できない、本人確認が出来ないと弊社が判断した場合、最終連絡から2ヶ月が経過した時点で、利用者は品物全ての所有権を放棄したものとみなし、当該品物の所有権は弊社に移転し、弊社は当該品物を適切に処分します。

第14条 禁止事項

1. 新品の未開封品および複数以上の同一品を送付しないものとします。 弊社が利用者から送付された品物に、新品の未開封品および複数以上の同一品が含まれていると判断した場合、弊社は利用者負担にて、未開封品および複数以上の同一品すべてを利用者に返送、あるいはそれらを処分することがあります。
2. 利用者は、弊社の事前の承認なしに1度にダンボール箱10箱以上の買取を申し込めないものします。上記の買取申込に該当する場合、利用者は品物を送付する前に、弊社カスタマーサポート(フリーコール、電話番号0120-433-196)に連絡し、事前に承認を得てから送付することとします。
3. 利用者は個人に限ります。法人が買取を申し込む場合は、別途弊社の担当部門へ連絡してください。
4. 本サービスは、日本国外から送付された品物の取り扱いを致しません。

第15条 禁止事項に対する措置

1. 利用者が前条に違反して弊社物流センターに品物が送付された場合、値段のついた品物、および値段のつかなかった品物のいずれも、買取申込書に記載されている住所宛てに、配送料金利用者負担にて返送します。また、この場合、弊社が配送業者に対して受取を拒否することで、利用者に品物が戻ることがあります。
2. 弊社は、利用者の違反が悪質と判断した場合は、所轄の警察へ通報することがあります。

第16条 免責事項

1. 品物配送中に発生した品物の故障・破損等の損害につきましては、弊社はその賠償の責めを負わないものとします。
2. 利用者が送付した品物に未開封品が含まれていた場合、開封後に品物を返送することになったとしても、弊社は、開封に伴う損害等について、一切その責めを負わないものとします。
3. 品物を返送する場合も、品物の状態やデータ等を利用者からの品物送付前の状態に復元することはできません。復元できなかったことにより損害が発生したとしても、弊社はその賠償の責めを負わないものとします。
4. 利用者みずから、買取申込書の入力不備を行ったことや、誤った情報を弊社に送信したことにより、損害が発生しても、弊社はその賠償の責めを負わないものとします。

第17条 個人情報の取扱い

1. 古物営業法上の取引記録・本人確認義務の履行および利用者との取引確認(査定結果の通知、品物の返送等)を行うため、買取申込書には、利用者の住所・氏名・年齢・職業および振込口座等(以下「個人情報」といいます)の登録・入力をしていただきます。
2. 弊社は、前項により取得した利用者の個人情報を、古物営業法上の取引確認・本人確認義務の履行、利用者との取引確認、FAXの配信・発送、及び代金の送金目的以外には利用いたしません。また、公安委員会・警察署等の公的機関から法令に基づく正式な照会を受けた場合を除いて、利用者の同意なく第三者に開示いたしません。 その他、個人情報の取り扱いについては、個人情報保護方針に準ずるものとします。
3. 利用者が、自己の個人情報について、個人情報保護法またはその関連法令に基づく開示・訂正・削除・利用の停止等の措置を求める場合は、弊社カスタマーサポート(フリーコール、電話番号0120-433-196)へ利用者が連絡した後に弊社は適切に処置します。

第18条 管轄裁判所

1. 本サービスに関連して利用者と弊社の間で紛争が生じた場合には、利用者と弊社で誠意をもって協議するものとします。
2. 前項の協議によっても解決せず、利用者と弊社の間で訴訟の必要が生じた場合、その訴額に応じて、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第1審の専属管轄裁判所とします。

付則
この規約は2008年8月20日から適用されます。
改訂 2009年2月26日
改訂 2009年3月11日
改訂 2009年9月1日
改訂 2009年9月15日
改訂 2009年12月8日
改訂 2009年12月25日
改訂 2010年6月16日
改訂 2010年9月9日
改訂 2011年2月4日
改訂 2011年4月1日
改訂 2011年10月27日
改訂 2012年5月10日
改訂 2013年10月1日
改訂 2014年4月14日
改訂 2014年6月9日
改訂 2014年6月10日
改訂 2015年7月15日
改訂 2016年1月18日
改訂 2016年5月10日

買取サービス規約に同意いただける方は「同意する」にチェックを入れ、「次に進む」をクリックしてください

同意して次へ進む