アメトーーク◯◯芸人特集
 
ガンダム芸人 ジョジョの奇妙な芸人 ドラえもん芸人 ドラゴンボール芸人 エヴァンゲリオン芸人
ゴルゴ13芸人 キン肉マン芸人 スラムダンク芸人 キャプテン翼芸人 グラップラー刃牙芸人
ミナミの帝王芸人 ビー・バップ・ハイスクール芸人 魁!!男塾芸人 島耕作芸人 北斗の拳芸人
福本伸行先生に
シビれた芸人っ・・・・・・・!
ガラスの仮面芸人 キングダム芸人    

アメトーーク!【中古DVD】はこちら

 
 
キングダム
キングダム芸人 ◆ケンドーコバヤシ、サバンナ・高橋茂雄、平成ノブシコブシ・吉村崇
キングダム キングダム  / 原泰久
原泰久による日本の漫画作品。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて、2006年9号より連載中。第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞作。

中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦王・政の活躍を中心に、戦乱の世を描く。 単行本の累計発行部数は1200万部以上。 2008年に集英社が運営するインターネットラジオサイト『VOMIC』にて、全8回のラジオドラマが放送された。また、2010年11月にコナミデジタルエンタテインメントからPSP用ゲームが発売された。 2010年7月、8月に総集編1、2が発売された。 『週刊ヤングジャンプ』2011年51号にてテレビアニメ化が発表され、2012年6月から2013年2月にかけて第1シリーズが、2013年6月から2014年3月にかけて第2シリーズがNHK BSプレミアムにて放送された。それぞれ、BSプレミアムでの放送後にNHK総合で地上波放送されている。(wikipedia「キングダム」より
関連DVD:【新品】 【中古】   関連CD:【新品】 【中古】
 
▲ページTOPへ戻る
 
ガラスの仮面芸人
ガラスの仮面芸人 ◆オアシズ&鈴木砂羽&土田晃之& 野々村友紀子&前田健& ケンドーコバヤシ
ガラスの仮面  / 美内すずえ
「ガラスの仮面」は隔週誌『花とゆめ』(白泉社)に1975年(昭和50年)年発売の1976年1号から30年以上連載されている。長期連載となった本作だが、美内すずえは2巻程度で終わらせる構想であった。

演劇を題材にしており、実際に劇が作中で演じられるといういわば劇中劇の形式をとった作品である。『嵐が丘』『奇跡の人』などの著名な作品を除けば、作品中で登場人物たちが演じる劇およびその題材は、そのほとんどが美内すずえ自身の手によるオリジナルの劇であり、なかにはまったく別の漫画として独立させる予定だったものも含まれている。予定初期には単に好演したことが示されるだけで、その筋立てなどはあまり詳細に語られなかったが、マヤが一人芝居をするようになってからは、劇中劇がストーリー性を持ち、また詳細に描写されるようになった。(wikipedia「ガラスの仮面」より
関連DVD:【新品】 【中古】   関連CD:【新品】 【中古】
 
▲ページTOPへ戻る
福本伸行先生にシビれた芸人っ・・・・・・・!
福本伸行先生にシビれた芸人っ・・・・・・・!
◆博多華丸・大吉・華丸&サバンナ高橋&ブラックマヨネーズ吉田&パンクブーブー佐藤&ハマカーン浜谷&狩野英孝&フルーツポンチ村上

福本伸行
かざま鋭二のアシスタントを経て、1980年『月刊少年チャンピオン』(秋田書店)連載の『よろしく純情大将』でデビュー。主な作品に『賭博黙示録カイジ』、『アカギ ~闇に降り立った天才~』、『銀と金』、『天 天和通りの快男児』などがある。1998年に『賭博黙示録カイジ』で第22回講談社漫画賞受賞。(wikipedia「福本伸行」より

男の風(1977)
よろしく純情大将(1980)
当たってくだけろ!(1980)
あまりちゃん(1980)
ワニの初恋(1983)
見上げれば通天閣(1986)
熱いぜ辺ちゃん(1986~1987・1994~1995)全2巻。
春風にようこそ(1988~1989)
天 天和通りの快男児(1989~2002)全18巻
銀ヤンマ(1990)
熱いぜ天馬(1990)
無頼な風 鉄(1990~1991)
アカギ ~闇に降り立った天才~(1992~)
銀と金(1992年~1996年)全11巻
真実の男 大安吉日真太郎(1996)
賭博黙示録カイジ(1996~1999)全13巻
RUDE(あくたれ)39(1999年)
無頼伝 涯(2000~2001)全5巻
賭博破戒録カイジ(2000~2004) 全13巻
最強伝説 黒沢(2003~2006年) 全11巻
賭博堕天録カイジ(2004~2008) 全13巻
賭博覇王伝 零(2007~)
賭博堕天録カイジ 和也編(2009~)
新黒沢 最強伝説(2013~)
 
▲ページTOPへ戻る
北斗の拳芸人
北斗の拳芸人◆キャイ~ン天野&土田晃之&よゐこ濱口& ペナルティ・ヒデ&シャンプーハット小出水& アンガールズ山根&ケンドーコバヤシ
北斗の拳  / 原哲夫  武論尊
核戦争によって文明と人々の秩序が失われ、水と食料といった残された資源をめぐって争いが繰り返されるという最終戦争後の199X年が舞台。暴力が支配する弱肉強食の世界に現れた、伝説の暗殺拳"北斗神拳"の伝承者・ケンシロウの生き様を描くハードボイルドアクションである。 『週刊少年ジャンプ』(集英社)1983年31号から1988年35号に連載。1980年代の『週刊少年ジャンプ』を代表する作品の一つであり、漫画家・原哲夫と漫画原作者・武論尊の最大のヒット作にして代表作である。単行本は1984年から1989年にかけてジャンプ・コミックス全27巻が発売されたほか、愛蔵版、文庫版(それぞれ全15巻)が刊行されている。2004年には徳間書店からコンビニコミック形式で全12巻が出版されたほか、2006年には小学館より完全版全14巻が刊行された。現在本作品の「前史」を扱う作品『蒼天の拳』に関わっているコアミックスからは、2002年よりフルカラー化したマスターエディションが発売されたが、刊行は4巻までで頓挫。同社からは、付録としてフィギュアをつけた編集版全24巻も発売されている。累計発行部数は6000万部、全世界では1億部。(wikipedia「北斗の拳」より
関連作品: 蒼天の拳  関連ゲーム:【新品】 【中古】   関連DVD:【新品】 【中古】   関連CD:【新品】 【中古】
 
▲ページTOPへ戻る
ジョジョの奇妙な芸人
ジョジョの奇妙な芸人◆DVD収録巻(17) 【新品】【中古】◆ジョジョの奇妙なケンドーコバヤシ、中田敦彦(オリエンタルラジオ)、中川翔子、設楽統(バナナマン)、しずちゃん(南海キャンディーズ)、小沢一敬(スピードワゴン)、バッファロー吾郎(木村明浩、竹若元博)、野性爆弾(川島邦裕、ロッシー)

ジョジョの奇妙な芸人・第2部◆ケンドーコバヤシ&中川翔子& スピードワゴン小沢&なだぎ武&麒麟・田村& バッファロー吾郎・竹若&野性爆弾・川島
ジョジョの奇妙な冒険  / 荒木飛呂彦
集英社の少年向け漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』に1987年から2004年まで、集英社の青年向け漫画雑誌『ウルトラジャンプ』に2005年からと長期にわたって連載されている。シリーズの単行本は100巻を越え、累計販売部数は2011年1月時点で6014万部[1]。2006年の文化庁による文化庁メディア芸術祭10周年記念アンケート企画、「日本のメディア芸術100選」にてマンガ部門で2位に選ばれた[2]。 作品全体のテーマは「人間讃歌」。仲間たちとの絆・強敵との死闘など少年漫画の基本を押さえながらも、個性的な表現方法・独特の不気味さなどで唯一無二の世界観を築き上げており、その作風は「王道を行きながら実験的」と評されている[3][4]。 Part3はオリジナルビデオアニメーション化、Part1とPart3、Parte5はコンピュータゲーム化、外伝としてオリジナルストーリーの小説化もされた。その後も2007年2月17日公開でPart1のアニメーション映画化された。(wikipedia「ジョジョの奇妙な冒険」より
関連作品: ストーンオーシャン STEEL BALL RUN ジョジョリオン
▲ページTOPへ戻る
島耕作芸人
島耕作芸人◆渡部建(アンジャッシュ)、ヒデ(ペナルティ)、博多華丸(博多華丸・大吉)、塚地武雅(ドランクドラゴン)、佐藤哲夫(パンクブーブー)、バッファロー吾郎(木村明浩、竹若元博)
課長島耕作 / 弘兼憲史
本作品は1980年代前半(日本経済低成長期(安定成長期))から同年代後半(バブル経済期)を経て1990年代初期(バブル崩壊前夜)に至るまでの日本経済の動向、大企業間の競争、大企業内部の派閥争い、経済活動の末端で働くサラリーマン(特に団塊の世代)の群像の様々をリアルに活写したものであった。 本作品の主人公・島耕作は団塊の世代に属し、大手電器メーカー「初芝電器産業」に勤務するサラリーマンである。商社マンとしても男性としてもやり手のイメージが強いが、作品が連載開始された当初(1983年頃)の島は、どちらかといえば小心で保身を考える平凡なサラリーマン像に描かれており、作品内容もオフィスラブなどの個人的な身辺事が主たるものであった。今では想像できないが、セックスに関しても「並み」以下のように描かれていた箇所もあった。 初芝電器産業は、作者である弘兼憲史が漫画家デビューする前に勤めていた松下電器産業(現:パナソニック)がモデルになっていて、松下電器産業が実際に行った経営行動が漫画内に反映され、初芝電器産業は松下電器産業と同じ経営行動をすることがあることで有名である。 1991年度(平成3年)、第15回講談社漫画賞一般部門受賞。(wikipedia「課長島耕作」より
関連作品: 部長島耕作 取締役島耕作 常務島耕作 専務島耕作 社長島耕作 ヤング島耕作 係長島耕作
▲ページTOPへ戻る
魁!!男塾芸人
魁!!男塾芸人◆サンドウィッチマン(伊達みきお、富沢たけし)、ヒデ(ペナルティ)、塚地武雅(ドランクドラゴン)、竹若元博(バッファロー吾郎)、博多華丸・大吉、ケンドーコバヤシ
魁!!男塾 / 宮下あきら
全国から行き場の無くなった不良少年達を集め、過激なスパルタ教育を施す男塾。そこに籍を置く塾生達の根性や友情、死闘を描く物語。 初期は軍国主義テイストのギャグ漫画であったが、途中から上級生との決闘、ライバル学校との抗争、闇の世界で繰り広げられる格闘トーナメントなど、バトル中心の展開へとシフトして全34巻という長丁場の人気漫画となった。 登場人物のほとんどが中国拳法やインド・エジプトなどに伝わる様々な武術の達人とされ、物語中期には15人以上におよぶ主要人物に満遍なく見せ場が与えられている。また闘いの舞台には様々な仕掛け、特殊な決闘方法を用いたものが大半であり、各々がトリッキーな秘技を駆使することにより、バリエーション豊かな死闘が繰り広げられた。 連載の長期化の影響もあってストーリー自体は破綻しており、塾長江田島平八の人間離れした存在感や発言の他、民明書房の書籍によるデタラメな解説、富樫・虎丸の大げさな実況解説、死んだ(と思われていた)人間が中国4000年の医術を施された後、「お、お前はーっ!」(或いは「お、お前らーっ!」)の台詞と共にあっさり再登場するなど、その型破りな展開の連続が本作の特徴となっている。(wikipedia「魁!!男塾」より
関連作品: 曉!!男塾 青年よ、大死を抱け
▲ページTOPへ戻る
ビー・バップ・ハイスクール芸人
ビー・バップ・ハイスクール芸人◆土田晃之、ケンドーコバヤシ、ヒデ(ペナルティ) 、高橋茂雄(サバンナ)、黒瀬純(パンクブーブー)、綾部祐二(ピース)、佐田正樹(バッドボーイズ) 、川島邦裕(野性爆弾)
ビー・バップ・ハイスクール / きうちかずひろ
ツッパリダブリコンビのヒロシとトオルがケンカに恋に明け暮れる様を描く。主人公が突出して強い存在ではない点や、不良高校生の日常が伝わってくる初期の描写が人気を博した。20巻位までは登場人物達の恋愛話や他校との抗争などがメインだったが、20巻台以降は小咄的なギャグ短編が多くなった。きうちによれば、ケンカの話を進めていくと最終的には日本一、ひいては世界一・宇宙一強い不良との対決を描かざるを得ない事になり、そうした展開にはしたくなかったからと話している。 本作は当初「少年ジェッツ」にて連載をする方向で進められていたが、編集からのタイトル変更、及びパンチラなどの要求をきうちが拒否、結果「少年ジェッツ」からは原稿を引き上げ、講談社のちばてつや賞に投稿されたという経緯がある。 1988年度(昭和63年)、第12回講談社漫画賞一般部門受賞。 1985年には仲村トオル、清水宏次朗主演で実写映画化された。以後シリーズ化され、全6作が上映されている。その後、1994年に原作者のきうちかずひろ自ら監督した新実写映画化を皮切りにオリジナルビデオ・OVAも発売され、また2004年、2005年にはTBS系列でスペシャルドラマとして放映された。 なお、1990年にはアニメーションOVAとしても発売されている。2004年にパチンコ機・2006年にはパチスロ機も発売された。 作品としての最終回は存在せず、無期限休載(再開時期未定の休載)という形で連載終了となった。(wikipedia「ビー・バップ・ハイスクール」より
▲ページTOPへ戻る
難波金融伝・ミナミの帝王
ミナミの帝王芸人◆友近、鈴木つかさ、木村明浩(バッファロー吾郎)、伊達みきお(サンドウィッチマン)、土肥ポン太、哲夫(笑い飯)、神奈月
難波金融伝・ミナミの帝王 / 郷力也 天王寺大
幼少時代、非常に裕福な家庭(父親は萬田建設の社長)で育つが、後に貧困地区に堕ちた萬田銀次郎。金貸しの師匠・矢吹金造に金融のイロハを習い、ミナミのマンションの一室に裏金・『萬田金融』(「萬田銀行」と称することもある)を開く。利息はトイチ、「逃げれば地獄まで取り立てに行く」が謳い文句で、周囲からは「ミナミの鬼」と恐れられる。
原作では、舎弟の坂上竜一とともに萬田金融を開いている。他の舎弟に杉本達也(登場頻度は少ない)、黒崎千里(女性の弟子だが達也と恋仲になり破門)がいる。1話で完結している話もあれば、単行本換算で1冊以上を上回り20話程度で完結する話もある。萬田や坂上以外は毎回、登場人物が異なる。1992年から連載がスタートしており、2009年8月、100巻を達成した。これは日本文芸社発行のコミックとしては史上初である。主役以下、ほとんどの登場人物がかなり誇張された大阪弁を用いる。 ストーリーとしては、通常の債権者と債務者のやり取りを描いたものの他、豊田商事事件、安田病院の診療報酬水増し事件、村上ファンド事件等の実際の事件や、痴漢冤罪、バブル崩壊、商工ローン、派遣切り、闇金融、貸し渋りといった社会問題を題材にしたものがある。 また、別冊漫画ゴラクでは、萬田の若かりし頃を描いた「大阪ミナミ銭地獄伝説・ミナミの帝王 ヤング編」を連載している。 (wikipedia「難波金融伝・ミナミの帝王」より
▲ページTOPへ戻る
グラップラー刃牙芸人
グラップラー刃牙芸人◆DVD収録巻(13) 【新品】【中古】◆ケンドーコバヤシ、東野幸治、関根勤、天野ひろゆき(キャイ〜ン)、井上聡(次長課長)、バッファロー吾郎(木村明浩、竹若元博)
グラップラー刃牙 / 板垣恵介
地下闘技場の最年少チャンピオン範馬刃牙と、刃牙の父で地上最強の生物と謳われる範馬勇次郎を中心とし、様々な格闘家との闘いが織り成す長編格闘ドラマ。通常の格闘技の試合のみならず、色々な条件下での死闘が数多く描かれており、本作の持つ「『地上最強』は誰か?『地上最強』とは何か?」のテーマに深みを持たせている。作者は本作を「闘いのテレクラだ!!」と称した。 登場するほとんどの格闘家は「地上最強」を目指して闘い続けているが、主人公の刃牙だけはあくまで勇次郎を超える事のみを目標としており「地上最強」を目指してはいない。これは作者も途中で気づいて驚いたとの事[1]。 多くの描写を割いて相当の強者と演出されたキャラクターをあっさり負けさせる意外性、大ゴマや見開きを多用し迫力を持たせた構図、叫び声や悲鳴を表すセリフの最後に「ッ」、「ッッ」といった文字を使用するのが特徴。(wikipedia「グラップラー刃牙」より
関連作品: バキ 範馬刃牙 バキ外伝 疵面-スカーフェイス
▲ページTOPへ戻る
キャプテン翼
キャプテン翼芸人◆ペナルティ(ヒデ、ワッキー)、土田晃之、アンジャッシュ(児嶋一哉、渡部建)、バッファロー吾郎(木村明浩、竹若元博)、井本貴史(ライセンス)、庄司智春(品川庄司)
キャプテン翼 / 高橋陽一
サッカーが大好きで「ボールは友達」が信条の主人公・大空翼の活躍を描く成長物語。 大空翼の父の職業が船長であり、小学生の頃からブラジル行きを夢見ていた翼が家庭教師についてポルトガル語を学んでいる姿、あるいは翼の終生のパートナーである岬太郎の父が世界中を渡り歩く画家であり、各国の町並みやその国・地域の言語を漫画の中でも描くなど、その世界観は非常に広く、ワールドワイドな物語となっている。 第1作目は、1981年から1988年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載された。アニメ化もされ世界的大ヒット作となり、日本のサッカー人気に大きく寄与した。Jリーグ発足に伴うサッカー人気により復活し、1994年から1997年まで「キャプテン翼 ワールドユース編」が連載される。その後掲載誌を『週刊ヤングジャンプ』に移し、ワールドカップ日韓大会開催に合わせる形で2001年から2004年まで「キャプテン翼 ROAD TO 2002」が、2005年から2008年までは「キャプテン翼 GOLDEN-23」が連載された。最初は小学生だった翼たちも今ではプロ選手として各国で活躍している。また、本家の『週刊少年ジャンプ』では2008年36号にロベルトがブラジルへ戻ったり、若林が海外留学へ旅立った直後のストーリーが、番外編的に読み切り掲載された。 2007年11月までに出版された全シリーズの日本国内累計発行部数が、単行本・文庫本合わせて7000万部を突破した[3]。また、国外での累計販売部数は、正式に出版契約を交わしている翻訳本で約1000万部[4]。 2010年には、連載30周年を記念し、コンピレーション・アルバム『キャプテン翼30周年記念 THE BEST SOCCER SONGS 激闘サムライブルー』やゲームソフト『キャプテン翼 激闘の軌跡』が発売された。また、多目的フットサルコートの『キャプテン翼スタジアム』が横浜にオープンした。(wikipedia「キャプテン翼」より
関連作品:ワールドユース特別編 ワールドユース編 ROAD TO 2002
GOLDEN-23 海外激闘編 IN CALCIO 海外激闘編 EN LA LIGA
▲ページTOPへ戻る
SLAM DUNK芸人
スラムダンク芸人◆DVD収録巻(8) 【新品】【中古】◆石原さとみ、ケンドーコバヤシ、ヒデ(ペナルティ)、田村裕(麒麟)、山根良顕(アンガールズ)、庄司智春(品川庄司)、アンタッチャブル(山崎弘也、柴田英嗣)、前田有紀(テレビ朝日アナウンサー)
SLAM DUNK / 井上雄彦
『ドラゴンボール』、『幽☆遊☆白書』、『ダイの大冒険』と共に、90年代半ばのジャンプ黄金期を築き上げた作品である。最終回では巻頭カラー掲載されており、この扱いは『リングにかけろ』、『ドラゴンボール』と本作を含めた3作品のみであり、更に、同時に表紙も飾った唯一の作品である。ジャンプ歴代最高部数を達成した1995年3 - 4号でも巻頭オールカラー掲載された。 第40回平成6年度(1994年)小学館漫画賞少年部門受賞。また、2006年に文化庁が実施した文化庁メディア芸術祭10周年記念アンケート企画である「日本のメディア芸術100選」にてマンガ部門で1位を獲得した。 単行本第21~23巻の初版発行部数250万部は、当時としての最高記録であり[1]、2010年時点の累計発行部数は完全版を含め、国内で1億1700万部を超える[2]。 ダ・ヴィンチ調べによる漫画家、評論家、書店員、読者の総勢808人が選んだ漫画史50年の中のコミックランキングで第1位に選ばれた。 2001年に発売された完全版コミックスは、集英社における一連の完全版コミックス化の先駆けとなった。 (wikipedia「SLAM DUNK」より
▲ページTOPへ戻る
キン肉マン芸人
キン肉マン芸人◆DVD収録巻(16) 【新品】【中古】◆ケンドーコバヤシ、小池栄子、濱口優(よゐこ)、小沢一敬(スピードワゴン)、バッファロー吾郎(木村明浩、竹若元博)
キン肉マン / ゆでたまご
集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は『ウルトラマン』をパロディ化したギャグ漫画[2]であったが、第20回超人オリンピック編(第1回超人オリンピック編)から格闘漫画に路線変更して人気を博す。格闘物に転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。 本作の特色として、伏線や物語の整合性などを考えず、その場の盛り上がりを重視した荒唐無稽な展開の数々が挙げられる。これは「細かい設定にこだわっていると、結果として内容がつまらなくなる」との作者の考えのためであり、より良い設定を思いつけば、あえて過去の設定は切り捨てるという[3]。そのため、作中には多くの矛盾点があるものの、それが逆に今もなお愛される所以となっており、作者自身も「ツッコミ所が多いほうが読者が親近感を持ってくれる」と語っている[4]。 また、作中に登場する超人・怪獣の大多数を読者から募集し、そこから誕生させている(超人募集)。ロビンマスク、ラーメンマン、ウォーズマン、バッファローマンといった重要キャラクターも読者のアイディアを元に考案したもの。このシステムは読者の側にも大好評だったようで、続編『キン肉マンII世』の読切を描いた後には、募集していないにもかかわらず、読者からの新超人投稿が続出したという。 キン肉マンの本名「キン肉スグル」は当時読売ジャイアンツに所属していた野球選手江川卓から名づけられた。兄のキン肉アタル(江川卓の実弟)父親のキン肉真弓(真弓明信)、祖父[5]キン肉タツノリ(原辰徳)も同様のルーツがある。 シリーズ累計発行部数は6600万部。(wikipedia「キン肉マン」より
関連作品:  キン肉マンII世
▲ページTOPへ戻る
ゴルゴ13芸人
ゴルゴ13芸人◆東野幸治、ケンドーコバヤシ、ヒデ(ペナルティ)、山根良顕(アンガールズ)、チャド・マレーン
ゴルゴ13 / さいとうたかを
超一流のスナイパー(狙撃手)「ゴルゴ13」ことデューク東郷の活躍及び活躍の元になった事件に関わる人たちを描く。 社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は、脚本家が多数に及ぶこともあって、非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、戦争・紛争、ゲリラ活動、テロリズム、麻薬組織など犯罪組織、企業活動、芸術・スポーツなど文化活動、歴史問題・地理問題、最新テクノロジー、ミステリー、自然災害なども題材となっている。 (wikipedia「ゴルゴ13」より
▲ページTOPへ戻る
エヴァンゲリオン芸人
エヴァンゲリオン芸人◆DVD収録巻(5) 【新品】【中古】◆有田哲平(くりぃむしちゅー)、中田敦彦(オリエンタルラジオ)、加藤夏希、世界のナベアツ、山根良顕(アンガールズ)、バッファロー吾郎(木村明浩、竹若元博)
エヴァンゲリオン
本作は社会現象にまでなった1990年代を代表するアニメ作品であり、蓄積された邦画や日本の特撮、アニメーションの技法を濃縮した作風に加え、キャラクターの内的側面を表現するなど、斬新な演出が後続するアニメ作品に多大な影響を与えた(アニメ作品以外にもこの傾向はみられる)ことから[3]、『宇宙戦艦ヤマト』(1974年)、『機動戦士ガンダム』(1979年)に続く第3次アニメ革命と言われた[4]。従来のロボットアニメが玩具の売り上げのための販促としての性格を色濃く持っていたのに対し[† 3]、アニメ作品の映像ソフト自体に販売、購入価値を見出せる作風であり、本作以後、「パッケージ性」と呼ばれるこの性格を強めテレビアニメの制作費を映像ソフト化で賄う仕組みができた[5]。 コンテンツ業界では元々一つのメディアでしか表現されていなかった作品(原作)の商品広告を小説、漫画、アニメ、ゲーム、音楽CD、映画、キャラクターグッズ販売などの多数のメディアと組み合わせて商品展開させ各メディアの弱点を補う「メディアミックス」と呼ばれる手法が1980年代後半から盛んになっていた。本作品は同時期の『スレイヤーズ』シリーズ、『機動戦艦ナデシコ』と共にその潮流を確立させたものであり、特に「原作のないアニメ主体のメディアミックス」の嚆矢となった存在である[6]。 本作の成功はアニメブームに繋がり、放送後の1997年頃からは首都圏でテレビアニメが週約50本放送される空前のブームとなった。本番組の深夜帯再放送における高視聴率をきっかけにアニメの深夜放送(いわゆる深夜アニメ)が増加したことと合わせて現在のアニメ放送体系を決定付けたと言える[† 4][7]。テレビアニメにおける製作委員会方式の初期試用作品であり[† 5]、その傑出した成功例である本作は現在主流となっている同製作体制を増加させる一因となった[8]。 また物語終盤にいくにつれ、社会やそれに関わる人々がほとんど描写されることなく、主人公・碇シンジのとる行動や内面性がそのまま「世界の危機」にシンクロして描かれる。このような、「悩める主人公の精神世界と現実世界がシンクロし、世界の命運を左右するかのような設定」は、後にセカイ系と呼ばれるジャンルの形成に大いに寄与し[9]、別名「ポスト・エヴァンゲリオン症候群」と呼ばれることがある[10]。(wikipedia「新世紀エヴァンゲリオン」より
▲ページTOPへ戻る
ドラゴンボール芸人
ドラゴンボール芸人◆和田アキ子、眞鍋かをり、ウエンツ瑛士(WaT)、井上聡(次長課長)、土田晃之、板倉俊之(インパルス)、竹若元博(バッファロー吾郎)
ドラゴンボール / 鳥山明
世界中に散らばった7つ全てを集めると、どんな願いでも1つだけ叶えられるという秘宝ドラゴンボールと、主人公孫悟空(そんごくう)を中心に展開する「夢」「友情」「バトル」などを描いた長編冒険漫画である。 『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1984年51号から1995年25号までの約10年半にわたって連載された(全519話)。各話数の通し番号は「其之○○」となっており、数字は漢数字で表される。この他に番外編『TRUNKS THE STORY -たったひとりの戦士-』(トランクス・ザ・ストーリー -)も掲載された。単行本は集英社より、新書版で全42巻、2002年より2004年まで完全版全34巻が刊行。 テレビアニメ化も行われ、日本ではフジテレビ系列で放映されたほか、劇場版アニメやハリウッドでの実写映画も製作された。連載終了後にも多数の関連グッズやゲームソフトなどが生み出されている。 『ドラゴンボール』などの連載により、週刊少年ジャンプは1995年に販売部数653万部を記録。本作の連載終了後は同誌の部数が急速に減少していくなど[1]、影響も大きかった。単行本は全世界で発行部数3億5000万部以上のヒット作となる[2]。 中国の伝奇小説『西遊記』をモチーフにしており、主人公の名前も同作品の主要登場人物、神仙・孫悟空から名づけられている。(wikipedia「ドラゴンボール」より
▲ページTOPへ戻る
ドラえもん芸人

ドラえもん芸人1◆柴田理恵、千秋、品川祐(品川庄司)、千原兄弟(千原せいじ、千原ジュニア)、有野晋哉(よゐこ)、関暁夫

ドラえもん芸人2◆千秋、品川祐(品川庄司)、千原兄弟(千原せいじ、千原ジュニア)、関暁夫ヒデ(ペナルティ)、川島明(麒麟)、磯野貴理 - 「ドラえもん未読者」代表、杉田かおる

ドラえもん / 藤子不二雄
本作は「小学館」の発行している学年別学習雑誌で連載されていた漫画作品である。作品タイトルは、本作の登場人物の名前からきている。 勉強もスポーツも駄目でドジばかりの小学生「野比のび太」と、未来(22世紀)から来たネコ型ロボット「ドラえもん」の日常生活を描いた作品である。舞台となる時代は、基本は現代であるが、タイムマシンで過去や未来へも行き来する。 劇中でのドラえもんは、ロボットとして扱われる事がなく、普通の人間関係を築いている[1]。 本作において欠かすことのできない要素であり、作品の魅力の一つとなっているのが、不思議な効力を持った数々のアイテム「ひみつ道具」である。 詳細は「ひみつ道具」を参照(wikipedia「ドラえもん」より
▲ページTOPへ戻る
機動戦士ガンダム芸人 / 機動戦士ガンダム芸人vs越中詩郎芸人 / 逆襲の機動戦士ガンダム芸人

ガンダム芸人◆DVD収録巻(1) 【新品】【中古】◆土田晃之、有野晋哉(よゐこ)、千原せいじ(千原兄弟)、品川祐(品川庄司)、若井おさむ

ガンダム芸人VS越中詩郎芸人◆DVD収録巻(4) 【新品】【中古】◆土田晃之、千原せいじ(千原兄弟)、品川祐(品川庄司)、若井おさむ、濱口優(よゐこ)、ケンドーコバヤシ、竹若元博(バッファロー吾郎)

逆襲のガンダム芸人◆DVD収録巻(15) 【新品】【中古】◆土田晃之、千原せいじ(千原兄弟)、品川祐(品川庄司)、若井おさむ、ケンドーコバヤシ、竹若元博(バッファロー吾郎)、井本貴史(ライセンス)

機動戦士ガンダム
スペースコロニーへの宇宙移民が始まって半世紀あまりが過ぎた宇宙世紀0079年。地球から最も遠いコロニー群サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦からの独立を求め、独立戦争を挑んできた。連邦軍の圧倒的な戦力に対して、ジオン軍は人型機動兵器「モビルスーツ(MS)」を実戦投入し、戦争は膠着状態に陥る。 サイド7に住む少年アムロ・レイは、コロニーに侵入したジオン軍MSザクの攻撃に巻き込まれ、偶然が重なって連邦軍の開発したMSガンダムのパイロットになってしまう。ガンダムの母艦であるホワイトベースは正規乗組員のほとんどを失い、アムロをはじめこれに避難した少年少女たちは、生き残った乗組員達と協力しながらサイド7を脱出する。しかし宇宙には、「赤い彗星」と呼ばれるジオン軍のエースパイロット、シャア・アズナブルが待ち構えていた。 本作は、宇宙や地球の激戦地帯を転戦しながら、様々な人々との出会いや戦い、そして別れを経て悩み傷つきながらも成長していく、アムロたち少年少女の姿を描いた物語である。(wikipedia「機動戦士ガンダム」より
▲ページTOPへ戻る
サイトトップ   古本 コミック   古本 書籍   新品ゲーム   中古ゲーム   新品DVD・ブルーレイ   中古DVD・ブルーレイ   新品CD   中古CD   ホビー  
会社概要   利用規約   会員規約   買取規約   セキュリティポリシー   個人情報保護方針

株式会社テイツー

(C)TAY TWO CO., LTD. All Rights Resereved.

古物商許可証NO. 東京都公安委員会第308799701705号 岡山県公安委員会第721130013719号